日焼けや色素沈着について

例えば新宿の美容外科で、レーザー脱毛の予約をしていても、施術日の数日前に日焼けをしてしまい、肌の色が黒くなっていると、予約をしていても施術をしてもらえません。

・レーザーの仕組みを知る

レーザー脱毛というのは、レーザー照射をして毛包組織を破壊させ、脱毛するという仕組みです。

皮膚の上からレーザーを照射すると、レーザー波が毛包組織に届き細胞を破壊するので、一度施術をしたところは毛が生える工場をなくしてしまうので毛が生えてきません。

レーザーの出力が弱いと完全に破壊しきれず、時間が経つと毛が生えてくる事はありますが、この場合は毛質にあった出力で処理すれば永久減毛効果が期待できます。

毛包細胞はメラニン色素があるので、色素の色に反応するため、皮膚を傷つける事はありません。

・日焼けをしてしまった場合

日焼けをすると新宿のどのクリニックでも施術を断られます。

これは皮膚のメラニン色素が増えている状態だからです。

本来は皮膚の奥にある毛包組織だけに反応するので、皮膚は傷つきませんが、日焼けをすると皮膚表面近くのメラニン色素が増えているため、レーザーが反応し火傷をしてしまうからです。

・まとめ

どんなに評判のいいクリニックでも、火傷のリスクがあるとわかっているのに危険を冒すようなことはしません。

脱毛期間中は日焼けをしない、これを徹底しないと治療計画通りに進みません。

脱毛効果を高めるためにも、日焼けは完了してからしばらくの間は我慢しておきましょう。

コメントは受け付けていません。